プロバイダは大手がいいのか地域密着がいいのか

地域により使用できるプロバイダは決まっているものがあります。たとえば、BBIQは九州ですし、NURO光は関東限定です。前のプロバイダと比べてスピード面で遜色がなく、動作がサクサクと思ったとおりなので、特に不便さを感じることもなく、乗り換えという選択肢を選んで正解だったなと思っているのです。
プロバイダと契約する際、利用する期間を一定期間掲げているプロバイダが数多くあります。

フレッツの通信速度が遅い原因と聞いて、はじめに思い浮かぶのは、ちょっとした時間だけネットワークが混んでいたり、見たいサイトへのアクセスが集まっていたりということです。
ネット上でのHP閲覧程度であれば、そこまでスピードが速くなくても問題なく使うことができます。
契約内容が2年未満か3年未満の解約で9500円もの解約金が発生します。
光回線を契約する時、回線の速度が速いと伝えられてもあんまりイメージができないものです。
契約したとたんすぐに解約をすると、解除料や違約金などと名のついたお金がかかります。
そして、パケ放題のプランがない上、他社と同じように7GBまでの制限付き6千円程度かかりますので、お得感があまりないこともあります。
業者の中にはドメイン費用とレンタルサーバー料金で、1年分でジャスト10000円という業者もあるようです。